これからは必需品

作業員

備えあれば患いなし

環境問題が顕著になるにしたがって、法律やインフラ整備そしてあらゆる製品が状況に応じた対応をして進化を続けています。物品に関した例をあげるなら、自動車のスパイクタイヤからスタッドレスタイヤへと変わったことがあげられるのです。1970年代まで冬用のタイヤとして普及していたスノータイヤは、金属ピンを埋め込むことで積雪した道路でも安定した走行ができていました。しかしこの金属ピンはアスファルトで舗装された道路の表面を、徐々に削り取っていくことで粉塵を発生させたのです。発生した粉塵は人間の体内に入り込み、環境問題と健康被害をおこすという事例が多数報告されたために、使用に関して考え直さざるをえませんでした。そして1980年代に入ってから、販売されるようになったのが、金属ピンを使わないスタッドレスタイヤなのです。最近では冬用のタイヤというと、ほとんどが金属ピンがないスタッドレスタイヤで雪の降る地域の必需品になっています。しかし近年になって注目されているのが、今までは雪が降らなかった地域でも降雪が記録されるようになったことです。めったに雪が積もらないために、スタッドレスタイヤを所有しておらず装備品として備えていない人が多数いたためでした。凍結してたり積雪した道路では、普通のタイヤではスリップするため事故が多発してしまいます。また身動きが取れなくなるために、何百台も連なるような渋滞も引き起こしてしまい物流が滞る事態もおきました。万が一の場合に備えてこれからは、スタッドレスタイヤを装備品に加えておいてはいかがでしょう。

Copyright© 2018 スタッドレスタイヤを購入【表面も滑りにくい加工がされている】 All Rights Reserved.